アパレル未経験の男性がアパレル業界に転職するデメリット|ギャップに潰される|ブラック企業が多い!?

アパレル未経験の男性がアパレル業界に転職するデメリット|ギャップに潰される|ブラック企業が多い!?

スポンサードリンク



アパレル未経験の男性がアパレル業界に転職するデメリット

特殊な業界だからこそ経験が重視される

未経験の男性がアパレル業界に転職するのは、思っている何倍も難しいことです。中途採用で未経験というだけでも不利なのに、男性という不利な面もマイナスとなるので、さらに転職先の選択肢は狭くなってしまうのです。

やはりアパレル業界はブランドにもよりますが、女性の世界なので男性が有利に仕事を選べる世界ではないのです。新卒でアパレル会社に就職するなら、もちろん未経験でも熱意や、やる気や人間性でカバーすることができるでしょう。

しかし、中途採用で年齢もそれなりに重ねているなら、さらにアパレル業界への転職は難しくなってしまうことでしょう。20代前半で第二新卒の転職なら、まだ可能性はありますが、30代以上なら、それなりにアパレルの仕事経験がないと、大手企業では採用してもらえません。そもそも30代を過ぎていて、まったくアパレル経験がないのに、転職しようと考えるのは無謀なのです。


スポンサードリンク



好きだけではできない仕事です。ギャップに押しつぶされますよ!

アパレル業界の仕事は、華やかでお洒落に見えますが、やってみると、激務で薄給で割に合わない面が多々見えてきます。実際に転職した男性で、期待していたメリットはなくデメリットばかりで短期間で辞めてしまうというケースが多いのです。

他の業界で仕事をしていて、アパレル業界への憧れを抱いていた頃の気持ちと、アパレル業界に転職してからのギャップがあまりにも大きすぎて、そのギャップに押しつぶされてしまう男性も少なくないのです。

もう1つ男性にとって致命的なリスクは、年収が下がってしまうことが多いという点です。ヘッドハンティングでもされない限り、他の業界の方が高くて安定的な年収をもらうことができるでしょう。アパレル未経験で転職するなら、間違いなく年収や給料は下がってしまうことでしょう。

もともと、そんなに年収が高い業界ではないので、未経験なら、同年代の平均年収よりも確実に下がると思います。まだ若くて独身で、アパレル業界での出世も期待できるなら、転職しても可能性はありますが、既婚者で家庭も子供もいて、ローンなどもあるなら、無理して転職するべきではないと思います。

お堅い仕事についている方ほど、アパレル業界への転職に憧れを持ったりすることが多いですが、安定している生活を捨ててまで、家族の反対を押し切ってまでやるような仕事ではないと思います。


スポンサードリンク



転職を決めてしまう前にアパレル業界のデメリットやリスクを知りましょう

今、それなりに安定している会社に勤務しているなら、転職を決意して、退職届を出す前に、アパレル業界のデメリットやリスクを知っておきましょう。特に仕事内容の辛さや給料の安さなどデメリットを把握しておけば、転職後のギャップに苦しむことがなくなるからです。

しかし、ほとんどの場合、アパレル業界のデメリットを知った時点で、転職を考え直す方が多いのです。仕事は忙しくなり、拘束時間も長くなるのに、給料や年収は下がる・・・メリットは1つもない気がします。それでもアパレル業界に転職したい!と思う気持ちが冷めないなら、それは本物の気持ちかもしれないので、後悔しないでしょう。

アパレル業界の辛さを知るためには、現場で現役社員の話を聞いたり、仕事のデメリットを質問したりするのが良いですが、そのような機会はなかなかもらえないと思います。そのような場合は、アパレル系専門の転職エージェントに登録して、業界の内情や、応募してみたいアパレル会社の仕事内容や待遇のデメリットと担当のエージェントに質問してみましょう。

アパレル専門というだけあって、元アパレル業界の方が多いので、どんなデメリットあるのか詳しく教えてくれることでしょう。肝心なのは、メリットを見ることではなく、デメリットをしっかりと理解して、それでも後悔しないと思えるかどうかです。

少しでも後悔する可能性があるなら、転職はしない方が良いでしょう。共働きする夫婦が増えてきましたが、やはり結婚適齢期の男性は、女性から評価されるとき、どうしても年収額が大きな要素となってしまいますので、これから婚活をしたい男性の場合は、年収が下がるアパレル業界への転職はやめた方が良いと思います。

アパレル業界の将来性は暗い!?ブラック企業が増える業界かも!?

アパレルショップで働いている現役の男性社員や、男性店長から本音を聞き出してみると、いかにデメリットやリスクが多いから分かってきます。現役社員が言うのですから、間違いはないと思います。その本音をまとめると、正直、アパレル業界の将来性は暗く、ブラック企業のような会社が増えているとのことでした。

アパレル業界自体が生き残りをかけて必死なので、社員に激務をさせて、残業代も払わない企業が多いようです。朝から晩までサービス残業や休日出勤をしても、人並みの年収ももらえないのが現実です。海外展開などをして競争が激化するので、どんどん仕事量が増えて、残業も休日出勤も増えると予測されます。

それでも年収は上がらないのですから、こんな割に合わない仕事はないと思います。仕事量が増えるだけならまだ良いかもしれません。今後は、どのアパレル会社も正社員を減らして人件費をカットしてくるので、リストラの対象にされて失業してしまう可能性も考えられるのです。

どうやら、アパレル業界にはブラック企業が多そうですね。どうですか?アパレル業界への転職は考え直した方が良いと理解できたと思います。


スポンサードリンク





志望動機 履歴書 自己PR 転職面接