アパレル転職で英語力があった方が有利になれる4つの理由|外国人観光客が激増|話せて当たり前の時代|パソコンスキル

アパレル転職で英語力があった方が有利になれる4つの理由|外国人観光客が激増|話せて当たり前の時代|パソコンスキル

スポンサードリンク



アパレル転職で英語力があった方が有利になれる4つの理由

英語

1、海外からの外国人観光客は年々増えています。

日本は全世界の人が認める観光大国となりました。年間、1千万人以上の外国人観光客が訪れるようになりました。もちろん外国人は日本のアパレルショップにも買い物をしに来ます。そんな時、アパレルショップの店員さんが英語を話せないとなると、ビジネスにもなりませんよね?

何を聞かれても回答することができなければ、何も買ってもらえずに終わってしまうことでしょう。もちろんアパレル会社側も、外国人観光客の市場は大きいと思っているので、英語が話せる人材をどんどん中途採用でも新卒採用でも確保しているのです。

このような理由から、これからアパレル業界への転職を考えている方も、新卒で就職を考えている方も、英語は絶対に磨いておきたいスキルの1つと言えるでしょう。英語は万国共通なので、とりあえず英語を先にマスターしておけば、欧米人はもちろん、中国人や韓国人とも最低限の会話はできるのです。

日常会話はもちろんのこと、ビジネスで必要な英語もマスターしておいた方が良いでしょう。英語の資格などよりも、ビジネス英語のスキルを重視されることも多々ありますからね。一番良いアピール方法は、実際にアパレルショップで店員をやっていた時に、外国人のお客さんに対して、どのような接客ができたのか?その具体的なエピソードを転職試験で伝えれば良いのです。

そうすれば、どのくらいのレベルで英語ができるのか分かりやすくアピールすることができるのです。


スポンサードリンク



2、もはや英語が話せて当たり前の時代がすぐそこまでやってきている!?

学校を卒業して英語を話すことができる率は、残念ながら外国に比べると日本はかなり低いようです。英語力はあっても会話力が無かったりするケースも多いのです。英語の資格試験に受かってもビジネスで使えるような語学力がなかったら意味がないですよね?

学校での教育もグローバル化してきたので、どんどん使える英語が話せる若者が増えているのです。そうなると、英語を話せることがメリットではなく当たり前になってしまう時代となってしまうのです。英語ができてもプラスにはならず、話せないことがマイナスになってしまうということです。

一昔前なら英語が話せるよりも、日本語での接客スキルやコミュニケーション能力の方が重視されました。しかし、今の大手アパレル会社は、どんどん海外に進出しているし、外国人のお客さんも増えているので、英語が話せない時点で、書類選考の段階で不採用になってしまう企業も増えているのです。

中途採用で、英語が話せなくても採用されていた感覚を持っている方は、そのような感覚でアパレル業界への転職活動をしても、良い結果は出せないと思います。トレンドがものすごい勢いで変わるように、アパレル業界も転職業界も、猛烈な勢いで変化をしているのです。

その変化についていけず、世界レベルの語学力もないようなら、どんどん求められる人材からは遠くなってしまうのです。3カ国語や4カ国語を話せるのが当たり前のような時代が将来的には、やってくるのではないでしょうか?


スポンサードリンク



3、パソコンスキルも重視されています。

アパレル業界へ転職をするなら、英語力と同じくらい、パソコンスキルもしっかりと磨いておきましょう。

事務系の仕事はもちろん営業系の仕事でも、グローバルな大手アパレル会社では、タブレットやパソコンなどの端末をつかって情報を共有化しています。報告書やその他の資料やデータも、すべて端末に打ち込んで処理するようなシステムになってきているので、パソコンスキルがないと仕事にならないのです。

もはや手書きなどアナログな作業をしている会社に将来はないと言えるからです。アパレル業界の中でも優良企業に転職をしたいなら、英語力と同じくらいパソコンスキルを磨くと良いでしょう。パソコン系の資格を必ず取得する必要はないですが、タブレットの操作や、クラウドソーシングの基本的な原理などを学んでおくとビジネスで困ることはないでしょう。

あと、ビジネスのアプリを活用したりすることも多いので、アプリを使いこなせるスキルも求めらえると思います。

4、英語がペラペラになる必要はありません。

英語の資格や試験を受けたり、英語の先生のようにペラペラ話せる必要はないのです。アパレルショップで外国人のお客さんに質問をされても、問題なく対応できるレベルの英語力があれば良いのです。もっと限定して言えば、接客英語やビジネス英語ができれば十分なのです。

今の時点では、必ず、販売系の職種で英語力が求められることはありません。しかしながら、外国人観光客はこれからも増えるし、海外店舗も増えていくので、英語力はあることに越したことがないのです。

ですので、やはりアパレル業界に転職をするなら、職務経歴書でも面接でも、どれくらいの接客英語力やビジネス英語力があるのかアピールしておいて損はないでしょう。特に人気の高い求人に応募するなら、英語力やパソコンスキルが有力な武器になることは間違いないでしょう。


スポンサードリンク





志望動機 履歴書 自己PR 転職面接