アパレルのアシスタントに転職する前に考えて欲しい3つのこと|容姿が良くないと厳しい?職歴重視|仕事のデメリットを理解する

アパレルのアシスタントに転職する前に考えて欲しい3つのこと|容姿が良くないと厳しい?職歴重視|仕事のデメリットを理解する

スポンサードリンク



アパレルのアシスタントに転職する前に考えて欲しい3つのこと

容姿が美人で可愛くてスタイルが良くないと転職は難しい!?

アパレル業界への転職は、アシスタントでも容姿が美人で可愛くてスタイルが良くないと難しいのでしょうか?確かに、アパレル業界は、容姿を重視する部分も多いので、熱意や、やる気だけで採用されるとは言えません。

やはりお客さんも、店員さんの着ている洋服やスタイルなどに憧れて購入してくれることも多いので、あまりにも不潔で太っているような方は、採用されないと思います。しかし、必ずしも美人で可愛くてモデルみたいなスタイルじゃないと、アパレルのアシスタントに転職できないと言うわけではないと思います。

見た目も重要ですが、過去の経験や人間性、素敵な笑顔、接客スキル、コミュニケーション能力などを上手にアピールすることができれば、容姿や見た目に自信がない方でも十分に転職に成功できる可能性はあるのです。

大切なのは、容姿や見た目に自信がない場合でもネガティブになったり、諦めたりしないことです。ネガティブや諦めモードになってしまうと卑屈になるので、さらに容姿が悪く見えてしまうのです。容姿や見た目に自信がなくても、自分の魅力をしっかりと理解していて、面接で上手にアピールすることができれば、いくでも採用の可能性はあるのです。

実際にアパレルのアシスタントでも店員さんでも、それほど容姿もよくないし、スタイルも良くないという方はたくさんいるのです。なぜ、そのような人達が採用されるのか?そこには、他の要素も採用の評価となるという理由が隠されているのです。

1発でアパレルのアシスタントの転職に成功できることなど期待せずに、何度も求人に応募して、諦めずポジティブに転職活動をすれば、採用される可能性を高めることができるでしょう。


スポンサードリンク



未経験でも経験者でも前職の勤務期間は重視されます。

アパレル業界での仕事経験がない未経験の方でも、経験者でも、前職や過去の職歴の勤務期間は重視されます。正社員でも派遣でもアルバイトでも、数ヶ月ですぐに退職している職歴が何個もあると、どうしても不利になってしまいます。

アパレルの仕事は、立ちっぱなしで、足が棒になってしまう割には給料はそんなに高くないという辛い面もあるので、すぐに辞めてしまう人も多いのです。しかしアパレル会社としては、すぐに辞めるような人を正社員になるのは非常に大きな損失となってしまうのです。

なぜなら、正社員として採用する場合は、アシスタントでもかなりの額の人件費を投資することになるからです。だからすぐに辞められてしまう可能性が高い人材は、不採用にしてしまうのです。もし、将来的にはアパレル業界のアシスタントとして転職したいと考えているなら、多少、今の仕事が辛くても、最低でも2年以上は続けた方が良いでしょう。

まったく関係のない業界でも2年以上の勤務経験があれば、アパレル業界でも採用してもらえる可能性が高くなるのです。とりあえず、勤務期間が長いと書類選考はパスできる確率が上がるので、面接試験までは進むことができるのです。面接試験は、運もあるし、面接官との相性が大きく影響してくるので、あとは運任せのような面も多いのです。


スポンサードリンク



激務で薄給・・・ブラックな一面もあることを理解する

アパレルのアシスタントへの転職をする前に、仕事のデメリットもしっかりと理解しておきましょう。仕事の辛い部分や苦しい部分をしっかりと理解した上で、転職をしないと、入社してもすぐに辞めることになり、転職回数を増やしてしまいます。

必ずやっておいて欲しいのが、転職を決める前に、アパレルのアシスタントの仕事現場を見学させてもらうことです。実務を自分の目で見て、待遇面や辛さや厳しい面をしっかりと理解するのです。

激務で薄給だったり、残業が多かったり、休みがなかったり・・・などなどデメリットの部分が見えてくると、本当に転職をしても、仕事を長続きさせることができるのか?我慢することができるのか?現実的に考えることができるようになるのです。

転職をする時は、転職先の仕事や業界のメリット面しか見えてこなくなってしまいますが、どんな仕事でも業界でも、必ずメリットの裏に辛くて厳しく苦しいデメリットの面が隠されているので、そこから目を反らさないようにしましょう。

仕事の一番辛いデメリットの部分を理解した上で、転職するなら、転職後に後悔することもなくなるのです。アパレル業界は、華やかで魅力的に見えますが、薄給で激務で休みがなくて体力仕事で・・・など下手をすればブラック企業かも・・・?なんて入社してから思ってしまう人もいるので、自分は大丈夫なのか?しっかりとリサーチをしてから転職を実行するようにしましょう。

仕事の現場を見て、自分にはとても耐えられないと思うなら、無謀な転職はせずに今の仕事でやりがいを見つけて、留まることも賢い選択と言えるのです。


スポンサードリンク





志望動機 履歴書 自己PR 転職面接