アパレル転職でアピールすべき3つのポイント|ブランドが大好き|接客スキル|お店にマッチしたセンスと雰囲気

アパレル転職でアピールすべき3つのポイント|ブランドが大好き|接客スキル|お店にマッチしたセンスと雰囲気

スポンサードリンク



アパレル転職でアピールすべき3つのポイント

アピール

1、ブランドが大好き。前からファンでお店に通っている!

「転職するアパレル会社のお店のブランドが大好きで学生時代から通っている!」これに勝るアピールはないと思います。「好きこそ物の上手なれ」という言葉がありますが、まさにその通りで、ブランドが大好きでお店のファンは、採用後に仕事で辛いことや嫌なことがあっても簡単に辞めたりはしないのです。

前例からしても、そのような人材は、激務でも残業があっても給料が安くても仕事が好きだから辞めないということが分かっているから、積極的にこのようなタイプの人材が採用されるのです。応募者からすれば、こんなに簡単で効果的なアピール方法はないのです。

逆に言えば、このアピール方法は誰もが実践できる方法なのです。なぜなら、学生時代からファンでした!大好きなブランドです!なんてアピールは、そうじゃない人でもできるからです。転職試験を受ける前に、そのお店に通いつめて、ファンになってしまえば、昔からファンではなくても、ばれることはないからです。

そういった意味では、転職を成功させたいなら、応募する前に、何度もお店に通ってファンになってブランドにも詳しくなっておくことです。それさえやっておけば、採用担当者にかなり良い印象を与えることができるのです。


スポンサードリンク



2、接客スキル、コミュニケーション能力が重視される

ベタ中のベタですが、やはりアパレルの転職では接客スキルやコミュニケーション能力が重視されます。ベタだからといって無視せずに、しっかりとアピールしていきましょう。接客スキルやコミュニケーション能力は、過去にアパレル業界の経験がなくても身に付けることができるので、誰でもアピールできるポイントでもあるのです。

例えば、アパレル業界以外の販売職やサービス業や接客業でも、そのキャリアやスキルをアピールすることができるのです。だから未経験者の方でも、接客スキルやコミュニケーション能力が磨けるような仕事経験があれば、アパレル業界への転職で活かすことができるのです。

もう1つ大切なことは、お客さんと関わることが好きという点です。お客さんと関わることが苦手で、人見知りするようなタイプだと、絶対にアパレル業界は務まらない仕事です。接客スキルやコミュニケーション能力と同時に、人と接することがとにかく大好き!ということを効果的にアピールしておきましょう。

ただ言葉でアピールしても分かりにくいので、簡単なエピソードを職務経歴書に加えて、面接でもそこをアピールすると良いでしょう。例えば、前職でお客さんとどのようにしてかかわっていたのか?お客さんから褒められたり指名されたり感謝の手紙をもらった!などのエピソードがあれば、絶対にアピールした方が良いでしょう。

というか、ばれることはないので、お客さんにちょっとでも褒められたエピソードがあるなら、お礼の手紙をもらった!と着色してアピールしてしまえば良いのです。そんなことは調べられないし、ばれることもないですからね。

ここらへんは、採用をもらうために多少の嘘をついたりして、駆け引きをすることも必要なのです。まったくの嘘はダメですが、着色はOKなのです。とにかく採用をもらわないと意味がないですからね。


スポンサードリンク



3、転職したいお店にマッチしたセンスと雰囲気をアピールする

いくら転職したいアパレル会社があっても、そのお店の雰囲気とまったく違う感じだと、印象がどうしても悪くなってしまいます。そのお店が好きでファンだというなら、店員さんに負けないくらいのセンスや雰囲気があってもおかしくないのです。

好きだと言いながら、洋服のセンスがまったく異なっていたら信憑性がないですからね。アパレル業界には興味があってもセンスには自信がないという方は、転職したいアパレル会社のお店に通ってショップ店員さんの着こなしを真似してしまえば良いのです。選び方や着こなしが分からない場合は、店員さんに選んでもらえば良いのです。

そうすれば、店員さんと同じようなセンスがあると転職試験でアピールすることができますからね。あと、メイクとか髪型とかも店員さんを真似すると、どんどんお店の雰囲気にマッチした自分に生まれ変わることができます。

自分をお店にマッチするように変えてから、転職試験に応募した方が、採用される確率はずば抜けて上がるのです!最後に、もう1ランク評価を上げるためには、振る舞いや言葉遣いなどビジネスマナーにも磨きをかけておきましょう。

アパレル業界では、特に振る舞いや言葉遣いを重視する傾向が強いので、自分に足りないと思うなら、ビジネスマナーを学ぶことができるセミナーや研修会にお金をかけてでも参加してみると良いでしょう。あとグローバル展開しているようなアパレル会社なら、英語力を身に付けておくとさらに評価は上がることでしょう。

このように自分をレベルアップさせるための具体的な努力をしていることをアピールすることで、採用される確率も上げることができるのです。


スポンサードリンク





志望動機 履歴書 自己PR 転職面接