アパレル転職の志望動機・職務経歴書・履歴書・自己PR【例文ダウンロード】

アパレル転職の志望動機・職務経歴書・履歴書・自己PR【例文ダウンロード】

スポンサードリンク



アパレル業界への転職を成功させる3つのコツ

@センスのある応募書類の書き方を心がける

アパレル業界への転職を成功させるなら、服装や見た目だけでなく、応募書類でもセンスが良いことをアピールしましょう。服装や見た目だけが良くても、小学生が書いたような履歴書や職務経歴書を提出してしまえば、当然、落とされてしまうのです。

では、どのような点に注意して書けばセンスの良い応募書類だと認められるのでしょうか?まずは、レイアウトやフォーマットです。履歴書や職務経歴書の見た目が良いフォーマットはネットで検索すればいくらでもあるので、その中からセンスが良いフォーマットを選びましょう。

レイアウトも工夫して改良し、読みやすくしましょう。誤字脱字がないのは当たり前、修正液で消すような非常識なことは厳禁です。間違えたら書き直しましょう。履歴書にそれほど時間をかける必要はありません。採用担当者が重視するのは職務経歴書です。

職務経歴書を書く時の最重要事項は、簡潔に分かりやすく書くという点です。あれもこれもキャリアやスキルをアピールしすぎると、膨大な文字数になってしまうので、読むに耐えない職務経歴書になってしまいます。採用担当者が求めていることを理解し、ピンポイントで要点を絞り込みアピールするのが採用されるコツです。

例えば、過去のアパレル経験における、販売実績や、どの年齢層の顧客をターゲットにしていたのか?仕事で成果を挙げたエピソードや、失敗を乗り越えたエピソードなどを書くと、採用担当者の関心を惹くことができます。

他の応募者と同じことを書いても、書類選考で落とされてしまうので、オリジナリティの高い、あなたの経験してきた仕事の中で、最も伝えたいことをエピソードとして伝えるのが効果的な職務経歴書の書き方です。


スポンサードリンク



A面接時の服装は私服?スーツ?

結論から申し上げると絶対にスーツにした方が良いでしょう。アルバイトの面接なら私服でも良いですが、正社員の面接なのですからスーツで行くのが社会人としての常識です。ネットではアパレル会社の面接の場合は、私服で着こなしやセンスをアピールした方が良いなどと無責任でいい加減なアドバイスをしているホームページがありますが、それを鵜呑みにしてはいけません。

私服の着こなしやセンスに自信があっても、私服で面接会場に行けば、社会人としての常識が疑われてしまうのです。どうしても面接試験で、転職したいアパレル会社のブランドの着こなしやセンスをアピールしたいなら、写真を持参しましょう。

書類選考に写真を添付しても良いでしょう。このような奇抜なアピールをすれば、他のライバルと差別化を図ることもできるし、これなら非常識と思われるどころか、入社したい強い意欲や熱意を伝えることができるので、プラスの評価をしてもらえることでしょう。

もう1つ注意して欲しい点は、どのようなジャンルのブランドでも、清潔感を重視することです。派手なメイクや髪形や乱れた服装は不潔感を出してしまうので十分に注意しましょう。


スポンサードリンク



Bなぜ当社じゃないといけないのですか?に即答できるようにしておく

アパレル会社の最終面接では、必ずといって良いほど、「なぜ当社じゃないといけないのですか?当社に転職したいと思った理由をお聞かせください」と言われます。ここで、沈黙したり困惑したりすると、すべてが終わりです。

恐らく採用担当者は「この人はアパレル会社に転職できるなら、どこでもいいと思っているのでは?」と最悪の印象を持ってしまうことでしょう。そうならないためには、事前に面接のシミュレーションをして、即答できるように回答を準備しておきましょう。

採用担当者に与える印象を良くする回答のコツは、転職を希望するアパレル会社と、競合他社の情報を徹底的に比較して、魅力や将来性などを伝えた上で、あなたが転職して、どんな仕事をしたいのか?どんな仕事ができるのか?将来のキャリアビジョンは?この3つのポイントを簡潔に伝えましょう。

採用担当者が知りたいのは、この3つだからです。間違っても、「接客が好きだから。洋服が好きだから。」というありふれた回答はしないでください。


スポンサードリンク





志望動機 履歴書 自己PR 転職面接